pgmnt01.jpg


PUGMENT SPRING 2018 COLLECTION BOOK
PUGMENT


4000円 (Japan)

40USD (The rest of the world)



297 x 210mm, Color and B&W, Softcover, 96pages, self-published, 2017, signed

Photographs by Takashi Homma, Arata Mino
Text by Sekai Kozuma, Designed by Shun Ishizuka, Edit by PUGMENT

PUGMENT |
ファッションレーベル。1990年東京都生まれの今福華凜と大谷将弘によって 2014年に設立。 自らの行為を以て、衣服と人・都市・社会・時間との関係性を抽出し、それを元に衣服制作を行う。路上に捨てられた服の写真を撮影する、服を燃やして顔料にする、ネット上で公開されているランウェイ写真を引用するなど、衣服やそのあり方に操作を加えることでコレクションを作り上げる。2017年6月には「Spring2018」の発表でレーベル初となるランウェイを東京のアーティストランスペース「Workstation.」にて行った。

Spring 2018について |
Spring 2018は Scrap をテーマに、ファッションメディアから収集した衣服の画像と、デパートやビルの広告として使用されるターポリンや紙などを素材として制作されたコレクション。
本コレクションは、実在しない女性をミューズとし着想された。彼女は気になる衣服があると、その画像をインターネットで収集し、ディスプレイ上で自身の写真とコラージュすることでその身体イメージを作り続ける。彼女はファッションメディアに流通する膨大な数の広告やイメージを受動的に享受して消費するのではなく、新しいものを作るための材料として捉えている。PUGMENTはこのようなイメージとの関わり方を衣服制作のプロセスへと用いることで、現代における能動的なイメージとの関わり方を提案した。
2017年6月3日には美術作家・ミュージシャン 小松千倫と、演出家・写真家 三野新を迎え、ファッションショーを行った。

PUGMENTが2017年6月に発表したコレクションSpring2018の写真集。コレクションの宣伝写真やグラフィック、評論文やショーの記録写真を素材にして複数の広告を制作し、それらを束ねることで一冊の本に仕立てた。写真にホンマタカシ、三野新。テキストに上妻世海、グラフィックデザインに石塚俊を迎える。

Fashion Label PUGMENT was founded in 2014 by Karin Imafuku and Masahiro Otani both born in 1990 in Tokyo.They extract the relationship between clothing and people/cities/societies/time, and create clothing based on this relationship. They take pictures of clothes that had fallen on the street, burn clothes to make pigments, quote pictures of runways published on the net, etc. and create collections by manipulating the surroundings of clothing and clothing.In June 2017, at the announcement of "Spring2018", they did the first runway for us at Tokyo artist run space "workstation". 

Spring 2018, with 'Scrap' as its theme, is a collection produced by using images of clothes collected from fashion media, as well as tarpaulin and paper used in posters in department stores and buildings.
This collection was conceived with having a woman who doesn't actually exist as a muse. When there's a piece of clothing that she fancies, she continues creating her body image by collecting images of it from the internet and making a collage out of it on the display with her own photographs. She doesn't passively receive and consume the enormous quantity of advertisements and images which circulates through the fashion media, but treats it as the material for creating something new. By using this way of interaction with the image in the clothes making process, PUGMENT proposed an active involvement with the image in the present as well. 
A fashion show was held on July 2017, with artist and musician Kazumichi Komatsu and Theater director and photographer Mino Arata.

A book of the Spring 2018 collection, which PUGMENT unveiled in July 2017. The book was put together by producing multiple advertisements from the collection's promotion photographs and graphics, reviews and the documentary photographs of the show, and binding them together.

pgmnt02.jpg

pgmnt12.jpg

pgmnt04.jpg

pgmnt05.jpg

pgmnt13.jpg

pgmnt07.jpg

pgmnt08.jpg

pgmnt09.jpg

pgmnt10.jpg

pgmnt11.jpg

pgmnt14.jpg